記事一覧

TGS2009レポート(4)「上杉謙信の甲冑は西洋のプレートメイル?!」

ゲームショウは大手も良いけど小さい催しも良いね、鈴木土下座衛門です。

ゲーム科学博物館のコーナーの1つに「~戦国武将とゲームの関係~
なるものが展示されてて、「無双」や「BASARA」といった関連ゲームや、
人気武将たちの実際の甲冑のレプリカや関連資料などがある充実ぶり。
ITmedia Gamezさんで、画像満載で特集しています。
(追記:GIGAZINEさんも甲冑の画像満載。甲冑の違いがわかりやすい^^)

で、良く見ると気付くかもですが上杉謙信の甲冑だけ雰囲気が違うんです。

ファイル 253-1.jpg
(写真:ITmedia Gamezさん)

上杉謙信と言えば銀色のイメージですが、イメージ元がこの手前側の甲冑で、
南蛮胴具足 」と言って、西洋甲冑を元にした日本甲冑なんですよ。
胸の部分が西洋のプレートメイルのキュイラス(胸部)のようになってるのが
他の日本甲冑と一番目立つ違い。あと材質。

他の日本甲冑では、火縄銃相手だと弾が貫通して死んじゃいますが、
南蛮胴具足は鉄で出来ており、また胸部は弾の力のベクトルを逸らすような
計算された角度になってます。超カッコイイぜー!

今回展示の甲冑では、南蛮胴具足は上杉謙信のものだけですが、
日本甲冑・西洋甲冑の違いの視点で見にいくのもおもしろいと思いますよー。
歴史好きや歴女のみなさん、武具ファンにオススメです。


あと全然、東京ゲームショウ関係ではないですが、
南蛮胴具足に興味のある方は、板橋区立郷土資料館で9月27日まで
甲冑 西と東 -西洋甲冑と日本甲冑・南蛮胴具足- 』を無料で開催中。
(追記:開催期間終了しました)
土下座衛門も行きましたが、ここで期間中のみ販売されてる資料本が、
とても500円とは思えない内容充実ぶり!これだけでも買う価値あり。

ファイル 253-2.jpg
(9/26:資料本の画像を追加。写りが悪くてゴメンね。)

こちらも歴史好きや歴女のみなさん、武具ファンにオススメですよ。


そして多くの人に見て欲しいので、何度も宣伝チックですが、
カメクラとアイレムのやっちゃった系のTGS2009コラボ企画を開催中!
こんなくだらない公式的な何かを見られるのは カメレオンラインだけ!
TGS2009アイレム横丁

アイレム社員のみなさんも「なにしてんのww」って喜んでくれてました^^