記事一覧

ちょっと一休みに、影牢II -Dark illusion。

 ども、クマです。今回は影牢2を紹介。今さらかっ、って感じですが、コンボが決まるとっても気持ちイー、「罠ゲー(アクション)」です。まだベスト版で発売中。↓
ファイル 317-1.jpg
商品名 影牢2-ベスト版
メーカー テクモ
ジャンル ACT
販売価格 1,890円(税込)
http://www.tecmo.co.jp/product/kagero2/index.htm
 プレイヤーは王女。難くせをつけられて国を追われます。闇の力を使い追手を「罠」を駆使して戦います。ステージクリア毎に溜まるWarl(罠開発コスト)で、コンボに胸躍らせながら「罠」を開発します。そしていざ出陣。善人そうな追手もイッパイ出てきます。良心が少し疼きますが、「罠」を発動せずにはいられません。否、どうして発動しない事ができようかっ!
 いかにも「ワル」っぽいヤツにも容赦なく発動。「仲間?」みたいなヤツにも発動。間違えて自分にも発動(良く巻き込まれます)。気付けばストーリーを進める、というよりも如何にコンボ決めるかばっか考えてます。そしてクリアー。でも、「罠」コンプリートしてないのでまた2周目に突入。ハマるとかなりやり込んじゃいます。
 そして、極めつけは本作のサブタイトルでもある「ダークイリュージョン」という、トラップを越えた究極のトラップ。人間自体が弾になり、砲台から放たれたり、追手を避雷針のように雷に打たせたり、電撃・蹴り・針地獄を与える魔の空中ブランコなどさまざま。「ひどいよジャイアン」じゃ済まない感じです。
 日常のささいな不満などは、これらのコンボを決めれば、すっきりするのでは?「罠ゲー」未体験プレイヤーにはおススメです。
 クマはプレステ3で続編が発売される事を期待しつつ、今日も罠開発です。