記事一覧

明日、ファミマで発売(地域によって差がアリ)

いそげー!間に合わなくなっても知らんぞー!
どうもGですけど。

相変わらず艦これ。
艦これの聖地と言えば。。。
横須賀、呉、佐世保など実際に戦艦、重巡洋艦などが
建造されたものがそれに相当するケースが多い。

そして横須賀にあるファミリーマートで
艦隊これくしょんとのコラボがスタート。
その店舗限定で販売された雑誌の
「艦これ 対深海棲艦 ファミマ艦隊作戦概要」が話題になり
発売と同時に一瞬で消えたのだった。

しかし安心して欲しい。

ファイル 770-1.jpg
ファミマは我らを見捨ててはいなかったのだ!
明日から順次全国のファミリーマートで入荷するのだ。
これは買うしかないな。提督なら。

ただし一部の店舗には入らない模様。
まさか地元の店舗はその一部に入らないだろうな。。。

参考サイト
「艦隊これくしょん」公式サイト

艦隊これくしょん流行ってますね

えらいお久しぶりです。
どうもGですけど。

諸事情で間が開いていましたが
またちょいちょい書いていきますので
よろしくお願いします。

さて、何を書いたものかと考えるとやはり
最近流行の「艦隊これくしょん」になるだろう。
自分も例に漏れず遊んでいるのだが
新参者ゆえに中々お目当てのキャラクターを
ゲットできず悪戦苦闘の日々。

今日はそんな艦隊これくしょんのグッズを1点紹介。

ファイル 769-1.jpg
12/9に発売された「艦隊これくしょん 艦娘クリアカード」だ。
全69種類という一瞬、鬼かと思える種類でいきなり発売。
これが中々デザインがいい感じだ。
バラ購入でかなりダブり苦戦を強いられたものの。。。

ファイル 769-2.jpg
コンプ完了。※画像に全て映っていませんが。
わずか2日で揃える私は提督の鑑なのではと自画自賛するのだった。

参考サイト
「艦隊これくしょん」公式サイト

今年最高に痛快な映画「パシフィック・リム」

これほど痛快な映画が今まであったか!?
どうもGですけど。

話題の映画「パシフィック・リム」を送ればせながら鑑賞した。

ファイル 768-1.jpg

想像以上に面白い。
ストーリーは太平洋からやってくる謎の生命体である
通称「怪獣」を人類の英知を結集させたロボット「イェーガー」
倒すという極めてシンプルな内容。

そのロボットの「イェーガー」を操縦するには
人間の脳に負担がかかりすぎるので操縦者を2人し
負担を軽減させる。ただし2人の息が完全にシンクロしないと
操作が出来ないというリスクもある。

戦闘は監督のギレルモ・デル・トロが日本の特撮や
アニメを好きであることが映像から感じられるぐらい
ビジュアル面を意識している。
それは特撮であればゴジラ、アニメであればエヴァのような
巨大感、重量感の表現が凄まじい。

内容はこれ以上書くとネタバレになるので割愛。

自分は3D吹き替えで鑑賞したが
吹き替え版の声優の演技も素晴らしく
見に行くのであれば3D吹き替えを強くオススメする。

参考サイト
「パシフィック・リム」公式サイト

ありがとう!小学館ビル ラクガキ大会 地下通路編

ロビーで終わりではなかった。
どうもGですけど。

ロビーのラクガキを堪能した後
ロビーにいたお客さんは正面玄関を通り過ぎて
地下に通される。

小学館の地下には喫茶店、飲食店、バイク便の受付があり
担当との打ち合わせなどに活用されていたようだ。
ここでもラクガキが大量にあり
先にある出口に行くまで堪能することができる。
ただ、後ろから人がどんどんやってくるので
長時間見ることが出来ないのだけが残念だった。

なお、この通路には絵だけではなく文章でのラクガキも多数あった。
例えば。。。
「あだち充と弘兼憲史の相合傘」
「いつもお世話になりました!とトイレに対してのお礼」
「ここでハンバーグカレー食べながら担当の悪口言ったぜ!」
などなど。。。

以下は大量にあったラクガキ(イラスト系)の中から数点を紹介。

ファイル 767-1.jpg
あさりちゃんの室山まゆみさん。
ラクガキの中でもお姉さんに蹴られてる。。。

ファイル 767-2.jpg
おやすみプンプンの浅野いにおさん。
喫茶店の看板を有効活用。

ファイル 767-3.jpg
とめはねっ!の河合克敏さん。
下書きの後が全く無くここまで書けるのが凄すぎる。

ファイル 767-4.jpg
水木しげる大先生。。。ではなく
ゲゲゲの鬼太郎を書いた池上遼一さん。
そして左下はまたも河合克敏さんの目玉おやじと猫娘。

ファイル 767-5.jpg
管理人さん。高橋留美子御本人!!
この鉄の扉をください。

ここでは紹介しきれないラクガキは
まだまだたくさんあった。
正直、今回だけでこのラクガキを
無くしてしまうのは勿体無さ過ぎる。
全てを写真に記録して写真集にするなど
何らかの形で残して欲しいものである。

参考サイト
「小学館」公式サイト

ありがとう!小学館ビル ラクガキ大会 1Fロビー編

いよいよ中へ。
どうもGですけど。

2時間ほど時間をつぶして
いよいよ小学館ビルのロビーの内部へ。

ちなみに観覧可能時間はわずか10分。
時間がたつとロビーからは追い出されることになるので
限られた時間で全ての絵を見ることに。
有名な漫画家さんの絵を鑑賞するのも大事だが
自分にとってはマイナーかもしれなくても好きな作家が
どこに何を書いているかが分からないため
それを探すことが最大の目的となった。

以下の写真はその過程で撮影したもの。
写真に関しては数多くのニュースサイトや
ブログに掲載されているのでここでは
あまり紹介されていないものを中心に掲載した。

ファイル 766-1.jpg
モンキーターンの川合克敏さん。
よく見ると競艇のマシンの後部に「とら」がくっついてる。

ファイル 766-2.jpg
クロサギの黒丸さん。
プレッシャーでお腹を下していたとは。。。

ファイル 766-3.jpg
夜回り先生の土田世紀さん。。。の偽物。
誰が書いたかは不明。土田世紀さんは去年亡くなられていますが
このラクガキの仲間に入れてくれたのですね。

ファイル 766-4.jpg
うる星やつらの高橋留美子さん。
いま再び書いたことが貴重!!

ファイル 766-5.jpg
一番のメインの大合作!!
最後に閲覧者が引けた瞬間に撮影。
この時、近くにいらっしゃったスタッフの顔は
「早く退室しなさい。。。」となっていたのは
言うまでもない。


そして時間が来ていよいよビルを後にと思いきや
閲覧者は地下に誘導される。
この地下の通路にも様々なラクガキがあったのだ。

次回に続く。

参考サイト
「小学館」公式サイト

ありがとう!小学館ビル ラクガキ大会 整理券入手編

行くかどうか悩んだが行って大正解。
どうもGですけど。

9/2に耐震強度の問題で取り壊しが決定している
神保町にある「小学館ビル」
ビッグコミックスピリッツの編集者と漫画家さんが
どうせ取り壊すならビルに色々ラクガキしちゃう?
こんな一言から始まった企画。

当初はそのラクガキが書かれたロビーを外から見るのみだったが
8/24、8/25限定で内部の公開もされることとなった。
時間による総入れ替え制で1日限定3000人。
多くのマンガ好きが来ることが予想されるので
行かない予定だったのだが。。。
当日、twitterで様子を見ていたらウズウズしたので急遽行くことに。

ファイル 765-1.jpg
着いたよ~小学館
となりの集英社と見比べてってのは「鳥山明のHETAPPIマンガ研究所」のネタ。

整理券はどこで貰うのかしら?。。。と辺りを伺うと
「階段で6階に上がってください~」とのアナウンス。
げげっ!階段で上がるのかとゲンナリしたのだが。。。

ファイル 765-2.jpg
既に階段の壁が楽しいことに。
妖怪ウォッチ、デュエルマスターズなどの
コロコロ系のマンガたちがお出迎えしてくれた。
何故、コロコロ系中心なのか?
それは6階に着いてから分かることに。

ファイル 765-3.jpg
そう。6階にはコロコロ編集部があったのだ。
小学生の頃に読みまくってたコロコロコミック
思わず目頭が熱くなる。

ファイル 765-4.jpg
おおおおおおお!!
整理券配布所のすぐ横にはコロコロ編集長
机があった場所だと!?
ここから私の時代ならダッシュ!四駆郎、ラジコンボーイ、あまいぞ!男吾!
近年ならスーパーマリオくん、学級王ヤマザキなどの名作が
生まれていったのか。。。

ロビーのラクガキを見る前にこの時点でかなり
心が色々と満たされてしまう。

ファイル 765-5.jpg
かくして整理券を無事にゲット。
入れるまで2時間以上。
ここは本の街「神保町」
時間はいくらでも潰せるので問題なし!

次回に続く。


参考サイト
「小学館」公式サイト

今期のオススメアニメ その4

ガッチャ!!
どうもGですけど。

ファイル 764-1.jpg

今回のオススメアニメは「ガッチャマン クラウズ」だ。
その名の通りガッチャマンの完全新作だ。
自分は年齢的に初代ガッチャマンの世代ではないので
それほど期待はせず本作を見たのだが。。。

物凄い面白い。
キャラクターのデザインのかっこ良さ
音楽の良さ、初代を見て無くても入りやすいストーリー
思わず言いたくなる「ガッチャ!」などのセリフ。
言い方は悪いが今期のダークホースだった。

ガッチャマンは今年、実写映画の上映も決定しており
それを記念して本作は8/24より8月いっぱい
日テレオンデマンドで無料配信されるので
TV放映に追いつくのも可能だぞ。

ちなみに本作の舞台(聖地)は東京の立川
何か地元でのイベントを強く希望する。。。
ガッチャ!!

参考サイト
「ガッチャマン クラウズ」公式サイト

劇場版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」

めんま!めんまそこにいるのか!?
どうもGですけど。

日本中を感動の渦に巻き込んだ名作アニメ
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」がいよいよ
8/31に劇場版になって帰ってくる。

基本ストーリーは変わらないが劇場版は
TVアニメが「じんたん」の視点だったのに対して「めんま」の
視点に変わり、TV版では見えなかった部分が語られる。

8/17より上映予定の新宿バルト9では色々と劇場が
「あの花」仕様になっている。

ファイル 763-1.jpg
劇場外には巨大看板がっ!!

ファイル 763-2.jpg
何度も色々な場所で公開はされたが
今回も秘密基地を展開!!中に入って写真も撮れるぞ。

ファイル 763-3.jpg

ファイル 763-4.jpg
お約束の「超平和バスターズ」の刻印。

さあ、「あの花」ファンは早くバルト9に行くのだ。
なお、初日には出演声優の部隊挨拶もあるらしいぞ。

参考サイト
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」公式サイト

【発売スケジュール】2013年9月

どうもGですけど。

今回は9月の主要タイトルの販売スケジュールです。


【ニンテンドー3DS】
9/14 モンスターハンター4 5,990円
9/26 ダンボール戦機ウォーズ 4,980円

【プレイステーションVita】
9/5 キルゾーン:マーセナリー 4,980円
9/26 英雄伝説 閃の軌跡 7,140円
9/26 無双OROCHI2 アルティメット 6,090円

【WiiU】
9/26 ゼルダの伝説 風のタクトHD 5,985円

【プレイステーション3】
9/5 デッドオアアライブ5 アルティメット 6,090円
9/5 パペッティア 5,980円
9/19 フェアリーフェンサーエフ 7,329円
9/26 アーマード・コア ヴァーディクトデイ 6,800円
9/26 英雄伝説 閃の軌跡 8,190円
9/26 無双OROCHI2 アルティメット 6,615円
9/26 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。ハッピーエンド 7,480円

【Xbox360】
9/5 デッドオアアライブ5 アルティメット 6,090円
9/26 アーマード・コア ヴァーディクトデイ 6,800円

価格は全て税込定価。

公式サイトがあるゲームはタイトルをクリックするとジャンプ可能。
そこでどんなゲームか調べるのもいいぞ。

※上記は9月発売タイトルの全てではありません。
タイトルは商品規模を考慮し選定しております。
※同梱版、限定版の類は割愛して掲載しています。

今期のオススメアニメ その3

歌って敵を倒す!!
どうもGですけど。

オススメアニメの第3弾です。
今回は「戦姫絶唱シンフォギアG」だ。

ファイル 761-1.jpg

人気の声優を惜しげもなく起用。さらに歌唱力に定評のある声優中心。
今回のGは二期であり前作の「戦姫絶唱シンフォギア」の続編である。
ストーリーは闘う女の子ものなのだが女の子が戦闘用の装備を着る際に
パワーを上げるために必ず歌を歌う。
そして歌いながら闘っちゃう!!
かなりブっ飛んでいる内容かもしれないがその内容を大真面目に
そしてクオリティを高く描いていく。

前回はメインキャラの声を充てている水樹奈々が
相棒のキャラとデュエットを歌うシーンが第1話にある。
この相棒を「名探偵コナン」でお馴染みの高山みなみが担当。
高山みなみと言えば人気ユニット「TWO-MIX」
歌唱力の高さは実証済み。作中のライブパートは圧巻だった。

今回、2期の1話にもデュエットシーンがあり
水樹奈々日笠陽子が担当。
日笠陽子は「けいおん!」のEDなどで歌唱力の高さを見せ付けている。
先日、TVアニメ版の「進撃の巨人」EDテーマで
ソロデビューも果たしている。

本作は作品の内容、声優、歌など
あらゆる部分で楽しめるエンターテイメント性の高い作品だ。

参考サイト
「戦姫絶唱シンフォギアG」公式サイト

紹介

初心者からコア層まで。ひとり、ふたりから大人数まで!カメクラの楽しい!を特選してお届けするゲームブログ!TVゲームの深層まで!真理にまで!