記事一覧

【買蔵くん今日の一品】味はともかく長靴一杯食べたいよ。


こんにちわ!買蔵くんです。


みなさんジブリ作品は好きですか?
買蔵くんは大好きです!
どのくらい好きかというと、学生時代ひたすらトイレを我慢していた際に、隣にいた同級生に「姫様ァーッ!もうダメじゃァーっ!」と言われ「谷まで持てばいい・・!」と言いながらトイレにすっとんでいくくらい好きです。(ダメな学生の代表エピソードですね)


ちなみにジブリ系映画がゲームにならないのは、昔無許可で作られたナウシカのシューティングゲームに宮崎監督が激怒したため・・なんて逸話が都市伝説的に広まっておりますが、明確なソースがいつまでも出てこないことや「ラクガキ王国」「二ノ国」など、ジブリは結構今でも協力的にゲームへ関わっておりますので多分ガセネタなのだと思います。(無許可で作られたナウシカのシューティングは実在します)
こちらはDS版
「二ノ国」



また、「紅の豚」公開時にはマリオの生みの親宮本茂氏と宮崎駿監督は対談もされております(これがまた深い話になってて素晴らしい)別にゲームが嫌いなのではなく、アニメという表現を大切にしてゲームという表現方法をしていないだけなんでしょうね。


実際ジブリ作品ってゲームにしづらい題材ですよねどれも・・。無理にやらんでもいい感はあります。


さてそんな買蔵くんの今日のオススメはこちら!
風の谷のナウシカDVDコレクターズ・ボックス!

商品ページはこちら


デケェ!


現在はブルーレイも発売された「風の谷のナウシカ」ですが、こちらはDVD発売時に生産された超限定版!
驚くべきデカさです!内容物は
額縁入りアート「トルメキア戦役」(これがでっかい)

劇場版公開時作成された陶器製の「ナウシカフィギュア
DVD専用ケース「巨神兵バージョン」!
そしてなにより「リアル王蟲フィギュア」です!

王蟲ほしー!超ほしー!


ナウシカ陶器フィギュアは原型が劇場公開時に作られたとあって実際造形が今ひとつ(というかちょっと怖い)のですが、この王蟲超出来がいいです!


開封したら即効で「おいで、おいで」という大人たち(どっから出てきた)に向かって「きちゃだめー!」と首を振りながら木陰へ猛ダッシュ。後ろ手に王蟲フィギュアを握りしめながら「なんにもいないったらー!」ってやりてぇー!


興奮しすぎました。大人としてどうかと思います。

ともあれジブリ好き、しいては王蟲好きにはたまらん一品。オススメです!

いやーしかしジブリグッズはクオリティ高いもの増えて来ましたね。
このガンシップのフィギュアとか最高でね・・
あと早くメーヴェ実用化しないかなぁ・・。


買蔵くんでした!
商品ページはこちら

【買蔵くん今日は何が始まるんです?】第三次大戦だ!


こんにちわ!買蔵くんです。


先日ようやく「コマンドー ディレクターズカット版」のDVDをゲットしました!日本語吹き替えがTV放映時と同じという事で是非とも持っておきたい一品だったのですが1000円という安価の割に近所に売ってなくて・・。


結局遠出して買っちゃいましたよ。コマンドーのために遠出するという行為そのものが映画と同じくらい楽しかったので良かったんですけど。「でも一番気にったのは・・値段だ。」


最近は大体2年に一回TVでやる「コマンドー」ですが、その度にTwitterは実況ツイートで埋め尽くされるほど、ネット民にはある意味ジブリと並ぶ人気作品です。
ちなみにコマンドー以外の映画が放映するときも必ず2chに「コマンドー実況スレ」が立ちます。「他の映画みてちゃダメなの?!」「駄目だ


知らない人へ念のためご説明しますと、「コマンドー」は1985年に公開されたアーノルド・シュワルツネッガー主演のアクション映画。
拉致された子供を救うためにシュワちゃんがとにかく色んな人を○たおすっていうだけで映画のシナリオがほぼ100%説明がついちゃうんですけど、秀逸なのはその日本語吹き替え(俗にいう玄田哲章Ver)です。
冷たすぎるシュワちゃんの「駄目だ」や、「あれは嘘だ」のアメリカンジョークの数々。ただの警官まで「筋肉モリモリ、マッチョマンの変態だ!」とか言い出す始末。
いったい何が始まるんです?」「第三次大戦だ!」の下りなどはラピュタにおけるバルスばりの盛り上がりを見せてくれます。


映画の内容も内容で、娘を救いに来たはずなのに敵地に来てすぐに娘の安否は気にせず基地を丸ごと爆破するシーンなんか最高です!しかもなぜかクレイモア地雷に仕掛けたはずが建物が内側から大爆発するのもまるっきり意味不明で最高です!


知らない人は是非とも一度は見ておいて損はありませんが、レンタルされてるDVDはそのほとんどが吹替すら収録されてないので注意してください!玄田哲章版はディレクターズカット屋良有作版は完声版のみです!「英語の音声のままでいいじゃない!それで見させてちょうだい!」「駄目だ


シュワちゃんやスタローン、チャックノリスやジェット・リー等いわゆる「エクスペンダブルズ組」がいかに80年代生まれの元少年たちに悪影響を与えたかがよく分かる名作です!必見!
このアマゾンのレビューを見るだけで楽しめます。


コマンドー<日本語吹替完全版>コレクターズBOX (10,000セット数量限定生産)Blu-ray&DVD3枚組



まあ、とはいえシュワちゃんといえば「コマンドー」よりも一般的にはむしろ「ターミネーター」とか「プレデター」の方が有名なんで、今日はそちらのゲームをご紹介しましょう。最近本題に入るまでが長いよ買蔵くん。


今日の一品は80年代野郎どもの憧れの一本!

ロボコップVSターミネーター!
商品ページはこちら


ゲームならではのコラボ作品か?!と思いがちですが、れっきとした原作が出版されている作品です。
シン・シティ」「300(スリーハンドレッド)」などを手がけた巨匠フランク・ミラーのアメコミを原作にしたゲームなのです。

スカイネットの暴走により自我を持ったメカであるロボコップを狙いターミネーター(T800)達がロボコップに襲い掛かる!という、両作品を見た人なら確実に見てみたい内容がウリで、ゲーム内容も独特の歩き方(この歩き方最高!)をしながら、ロボコップがハンドガンを打つと敵が血しぶきを上げて粉々になるなど、いかにもアメリカっぽいB級映画感がグッと来ます。


ゲーム内容もオーソドックスながらよく出来た横スクロール型アクションゲーム。
例によってあんまり出荷されてないのでプレミアついてますがアメコミファンか80年代世代はぜひやっておくべき一品です!


あー、ロボコップも見たくなってきた!

買蔵くんでした!

商品ページはこちら

【買蔵くん今日の一品】ゲームの本買ってます?

買うぞう


みなさん攻略本とか買われますか?
買蔵くんはひとしきり攻略しきった後に買って開発者インタビューとか見てニヤニヤするのが大好きなタイプです。


子供の頃は買ってもらえなかったゲームの攻略本だけ購入してクリアした気になったりもしてました。(ここ泣くところです)


そんな買蔵くんがゲーム書籍でお気に入りな一冊をご紹介!
「ゲームになった映画たち 完全版」!


シネマゲームというジャンルを確立するために作られた」という志のもと作成されたゲームになった映画がこれでもかという量収録!その数なんと300タイトル以上!
海外でのみ発売されたタイトルはもちろん、ケータイアプリやブラウザゲームのみ発売されたタイトルに至るまでその網羅っぷりは鬼のようです!


「完全版」の名の通り、一度発売された後加筆修正を行った一冊ですが、初回本にのみ収録されたタイトルも多いため是非とも両方共手に入れることをおすすめします!
こちらが初回本


この書籍の中では「グーニーズ」のファミコン版においてステージ上に流れる「グーニーズはグッド・イナフ」の音楽はシンディー・ローパーに無許可。とか驚くほどのゲーム雑学が詰まっております。必見!


というわけで今日のご紹介はシネマゲームからこちら!
「スーパーバック・トゥ・ザ・フューチャー2」!


もはやハリウッド映画の歴史を語る上ではずせないバック・トゥ・ザ・フューチャー2のスーパーファミコン版です。


「出てたっけそんなの?」といわれる率スーパーファミコン版「トイ・ストーリー」と並ぶほど知られてませんが、SDキャラのマーティをホバーボードで操るアクションゲームとなっております。


常にカメラ目線かつジャンプする際魂斗羅ばりにギャルンギャルン回るマーティに「大丈夫?気持ち悪くならない?」と不安になる気持ちをぐっとこらえてSFCらしいポップなアクションを楽しみましょう。
ボスキャラにはもちろんビフなどの映画キャラクターが登場。てかビフデカすぎな


途中に挿入されるビジュアルも映画にのっとったイラストが満載。映画ファンはやって損はない内容です。とくにドクが可愛い!


まあ、ゲーム自体はスピードの遅いソニック・ザ・ヘッジホッグみたいな内容なんですけど、子供でも楽しめるよく出来た内容なのです。
遊んだことのない方は是非ともプレイしてみてください!


今でも次々と作られるシネマゲーム。
アメリカでは大作映画には必ずそのゲーム版が存在するほど人気ですが、日本での売れ行きはいまいちだったりします。
そんな隠れた良作を見逃さないようこれからも要チェックしていきましょう!


買蔵くんでした!

【買蔵くん今日の一品】寒い日はメガドライブに限る


こんにちわ!買蔵くんです。


先日映画「バトルシップ」をブルーレイでようやく見ました!
知らない人にご紹介するとゲームボーイの「ネイビーブルー」を映画化した奴です!(ますます混乱させる表記は良くないですね)


「潜水艦ゲーム」「海戦ゲーム」「レーダー作戦ゲーム」などとよく言われる紙にマス目を書いて船の絵を書き、お互いの船がいる位置を推理して当てるというゲームなのですが説明がめんどくさいので詳しくはウィキペディアでも見てください(ひでえ)
で、「バトルシップ」はそれの映画化なんです。

なんで映画化しちゃったのよ・・。


肝心の映画の内容は「ホレた女にブリトー食わせたくて泥棒したら警察につかまっちまった!兄貴には怒られて仕事しねーなら軍隊行けとか言われたけど、入隊したらなんかいつの間にか士官にまでなったし海軍サイコー!おっと!そんなところにエイリアンが来ちまったぜ!いけすかねえ日本人ともここはいっちょ手を組んで、奴らを月までぶっ飛ばしてやるぜ!」
全部説明がつく超頭悪い映画でした。最高でした!(大興奮)あとブリトー食べたくなりました。


その年の最低映画を決めるゴールデンラズベリー賞にも見事6部門もノミネート。それを聞いてファンたちはむしろ「ヒャッハー!さすが俺達のバトルシップだぜーっ!」と喜ぶという異常事態が発生しております。
是非とも一度ご覧になって下さい。途中で寝ても大体大丈夫なのでテンション高く見ましょう!大人のみんなは泥酔しながら見るのがコツです。


さて、ゲームの世界にも昔から「頭悪いけどテンションと汗臭さで無理やり乗り切っちゃうゲーム」が多々存在しました。
現在でも主にXBOXを中心にタフ過ぎて損はない男達が飛び交う漢ゲーが途切れること無く出ております。


そんなタフガイゲーが最も出ていた機種といえばやはりそう!メガドライブです!
筋肉ムキムキ、汗ダラダラ、異常なまでの難易度の高さも相まって一般ピープルお断り空気がビンビン。

幼少期にそんなハードを手にしてしまうとこんな大人が育つという良い例が買蔵くんなわけです。


そんなメガドラタフガイといえばこちら!


魂斗羅ザハードコア!

コナミの人気シリーズ魂斗羅(コントラ)。
超爽快アクションということでファミコン時代から大人気だったシリーズですが、これらを開発していたチームが集団で独立。
現在の「トレジャー」を立ち上げ「ガンスターヒーローズ」などでアクションゲームの金字塔を打ち立てます。


トレジャーチームのいないコナミなんて、アクションゲームは作れないだろ・・コナミオワコン・・魂斗羅オワタ・・」的なことを当時のファンから囁かれておりましたが、そこでへこたれるコナミでは無かったのです!

トレジャーがなんぼのもんじゃい!わてらの底力みせたるワイ~!


といってたかどうかは知りませんが、対トレジャーとして組まれた究極のアクションゲーム集団!それこそがこの魂斗羅ザ・ハードコアを作り上げた
TEAM機知GUY」なのです!


なんて名前つけたんだよ・・


さて内容はというとこいつはとてつもない大傑作です!
ステージ1から過剰なまでの大爆発の嵐!雑魚敵だろうと障害物だろうと銃で打てば大爆発!
画面は火球で埋め尽くされのっけから大変なテンションの高さを感じさせます。


さらにはゲーム冒頭からスーパーファミコンのゲームでよく使われた「回転・拡大・縮小」を用いたビルの大崩壊シーンや、超巨大ボスとの戦闘
無茶苦茶テンションがあがりますがメガドライブという本体に回転・拡大・縮小機能なんて無いんです!全部ソフトウェア上のプログラムだけで成し遂げた、まさに「ハードの限界を超えたハードコア」の名にふさわしい技術力です。


3Dフルポリゴンの今とは違い、当時はゲーム機の性能にも限界があったため「大きなキャラクターが表示できる」だけで凄いとされていましたが、それがギュンギュン動いて迫り来る様子はもうテンションMAXです!初めて画面見たときは鼻血が出るかと思いました。


様々な工夫と遊び心を血管が切れるまで詰め込んでやったぜ!くらいやがれ!という開発者の意思をビンッビンに感じます!多関節キャラの動きなんてもう芸術作品の域です。


しかもステージ分岐や4人のキャラクターごとの特性があり、何度でも楽しめる作りになっている辺りもアクションゲームとしての寿命を長いものとし、超コアユーザーを中心に今でも人気の高い一本です。


是非ともバーチャルコンソールなどに配信してほしいものです!チーム名伏字でもいいから!笑。


買蔵くんも昨年某カメクラ店舗でお店の試遊台に設置してみたところ、深夜まで遊び続ける大きなお友だち仲間同士で大興奮する子供達が続出!
別のゲームに差し替えたときは「あのゲームどこ行っちゃったんですか?!」と問い合わせを受けるほどの大人気でした!やはり面白いゲームは世代を超えるのですね。


2013年になった今だからこそ、こんな過去の名作にも触れてみてください!


買蔵くんでした!


商品ページはこちら!

【買蔵くん今日の余談】ソニー版スマブラ出るー!


こんにちわ!買蔵くんです。


みなさんスマブラ好きですか?買蔵くんは大好きです!
みんなで死ぬほど対戦するのも好きですが、ひとり黙々とホームランの記録を伸ばしたりするのも最高ですよね。

さて、ソニー版スマブラとも言える「プレイステーションオールスターバトルロイヤル」がいよいよ発売間近になりました。

公式サイトをガン見だ!

サイトを見る限りパラッパをぶった切るクレイトスビッグダディに追い詰められるトロなど今から夢が膨らむ一品です。キトゥンちゃんも出ますし!
しかしタイトルロゴから感じられるSNK臭すごいですね!
現在判明している登場キャラクターを列挙しておきましょう!
「アンチャーテッド」よりネイサン・ドレイク
「パラッパラッパー」よりパラッパ
「どこでもいっしょ」よりトロ
「ゴッド・オブ・ウォー」よりクレイトス
「インファマス」よりコール!(善悪の二種!)
「怪盗スライ・クーパー」よりスライ
「ヘブンリーソード」よりナリコ
「ツイステッドメタル」よりスィートトゥース
「ぽっちゃり☆プリンセス」よりぽっちゃりプリンセス
「リトルビッグプラネット」よりリビッツ
「キルゾーン2」よりラデック
「メタルギアライジングリベンジェンス」より雷電
「サルゲッチュ」よりカケル
「ジャック×ダクスター」よりジャック!(ダクスターもいるよ)
「メディーバル」よりダニエル
「バイオショック」よりビッグダディ
「ラチェット&クランク」よりラチェット
「DmCデビルメイクライ」よりダンテ
「鉄拳」より三島平八


おお、意外と(失礼)豪華じゃないか!他社開発のキャラも結構いるし!
本家スマブラと比べると各キャラクターの認知度が低いのは否めませんが、PSの隠れた傑作「メディーバル」から起用したりと偉すぎる人選もとてもステキです。


しかしこの手のゲームが出るたびに「あいつがいればなぁ」という妄想が膨らみますね。
買蔵くんがいて欲しかったキャラクターを上げると「パタポン」「ムームー星人(ジャンピングフラッシュ!)」「ワンダorICO」「魔王(勇者のくせになまいきだ)」あたりは当然いるものだと思っておりました。まあ海外開発だから仕方ないのかな。(パタポンはステージ背景にいるみたいですけど)


大人の事情で「クラッシュバンディクー」が出ないのは多分確定でしたけど。


ともあれ生粋のネタゲーとしてぜひ月末は抑えておきたい一品です。


過去に出たスマブラオマージュ系のゲームといえばPS2とゲームキューブの「ドリームミックスTV ワールドファイターズ」がおなじみ(おなじまない)ですが、こちらはコナミ・タカラ・ハドソンの三者合同作とあって「リカちゃん人形を半裸で追いかけまわす高橋名人」や「パワプロくんをぶん殴るコンボイ」や「夢の対決!ユーゴ(ブラッディロア)VSアスカ(クールガール)」などどこに需要があるのか分からないキャラセレクトが最高の一品でした。ゲームの出来は置いといても持っておきたい珍品です。


さて、ようやく本題。上記したスマブラ系ゲームのオススメといえばこちらです!


「カートゥーンネットワーク:パンチタイムエクスプロージョン!」


ええ?そんなゲームあったっけ?と思った人もいるでしょう。
だって日本で発売されてないし。


こちらは日本でもケーブルテレビで放映中のアメリカのアニメ専門チャンネル「カートゥーンネットワーク」のオールスター総出演!と、そりゃ日本で出ないよっていうお祭りゲームです!


さて、ここからはわからない人には何を言っているのかさっぱりな話題になるから覚悟しやがれ!


参戦キャラクターでもっとも日本的知名度が高いのは
パワーパフガールズ」よりブロッサム、バブルス、バターカップ、モジョ・ジョジョ、ヒムの5キャラクター!

とにかく可愛い!この子たちに会いたい気持ちだけでも十分このゲームは買いです!


で、ここからもう突然わからなくなる人続出ですが
ベン10」よりヤングベンとヴィルガクス!
シリーズの「ベン10エイリアンフォース」よりベン・テニスン、ケビ・レビン!
チャウダー」からチャウダー&キムチ!
デクスターズラボ」よりデクスターとモンキー!
サムライジャック」よりサムライジャック、スコットマン、アク!アク吹き替え菅原文太最高だったのに!日本語版すげえ欲しいよ!
ビリー&マンディ」よりビリー&マンディ、ホス・デルガド、グリム!グリム超かわいい!
フォスターズ・ホーム」からマック&ブロー!
キッズネクストドア」よりナンバー1、グランドファーザー、そして何よりトイレットネイターさん!
キャプテン・プラネット」からキャプテン・プラネット!地球を護るのは、君たちだ!
ジョニー・ブラボー」よりジョニー・ブラボー!
フラップジャック(これは日本で放映されてない)」からフラップジャック、キャプテンナックル!


とまあ、何を言っているのか分からない単語が羅列されたかと思われますが、カートゥーン好きにはたまらん内容となっております。


アクションゲームの出来としては案の定フツーなんですけど、「こんなゲーム待ってたよ感」はニッチな市場に大盛り上がりです!
キャラクターを知らなくともカートゥーン特有のポップでキャッチーなデザインがメチャメチャ可愛いので知らない人もぜひやってみてください!


とは言え国内発売してないゲームなんでカメレオンクラブでは中古以外取り扱いがありません!一文の徳にもならない事延々と書いちゃったよ!また上司から怒られるよ!


PS3・360・3DSの三機種で発売していますが、輸入して取り寄せる場合360版だと北米版本体が必要なため、リージョンフリーのPS3版がオススメです!


やりきった!買蔵くんでした!

【買蔵くん今日の一品】ワイパーどこだっけ?!


こんにちわ!買蔵くんです。


大雪が降りました。降った当日は昼休みをほぼ全部使ってゆきだるま作って来ました!翌日は雪かき祭りです。すっげえ腰がいたいです。歳です


まあ、先日も寒い中スニーカーで歩きまわってたらこの歳でしもやけになったんですけどね・・・三十路過ぎてね・・


ということで少年の心を失わない買蔵くんの今日の一品はこちら!


鉄騎大戦!

商品ページはこちら!


デカぁぁぁぁいッ! 説明不要ッッッ!
と言わしめるそのそびえ立つコントローラー!


初代XBOX用ソフトとして発売前からレジェンド化した一本!


知らない人たちにまず説明しますとこちらのゲームは「バーチャロン」「機動戦士ガンダムVSシリーズ」などに代表されるロボットアクションゲーム
しかしながら異彩を放ちまくったのはそのコントローラーのデカさです。
レバー2本、シフトレバー1本、スイッチ付きレバー1本、フットペダル3個、ボタン33個、トグルスイッチ6個、トリガースイッチ1個、ダイヤル1個というあわせて48種類の入力系統を操作して遊ぶという超本格派ロボット操縦ゲーなのです!(ちなみにジャンル名は「操縦」)


そもそも乗り込んだ後ハッチを閉めるボタンを押して、メカを起動させるまでが難しい。全部の操作をこなせるようになるまでは車の免許撮るのと同じくらい難しいというありえないぐらい敷居をブチあげた作りと、「ガッショーン・・・、ガッショーン・・・」という重厚なロボの動きがユーザー心理と相まってメカ魂を心ゆくまでゆさぶる一品です!


試作機を見たマイクロソフト幹部が放った第一声が「フ○ッキンクレイジー!」だった事もファンには有名なエピソードです。確かにクレイジーすぎます


超複雑な操作もさることながら、被弾して機体が大破した際、緊急脱出ボタンを押さないとセーブデータが消し飛ぶ漢仕様もギュンギュンキます。


現在はオンラインキャンペーンサービスは終了しておりますが、十分に遊べる一品です。XBOXの本体買うより高いけどそこは目をつぶってください。そういうものなんです。


プレイ前に実際のゲーム画面を動画などで見ると「なんか動きがもっさりしててヤダー」と思われるかもしれませんが、これ以上早いと操作が追いつきません!
この良さを分かるためにはぜひ!一度手にしてみてください。


買蔵くんでした!

商品ページはこちら!

ちなみに今はKinect専用の新作「重鉄騎」も好評発売中デス!(こっちはZ指定だから18歳未満の子は買えないよ!)

【買蔵くん今日の一品】ポケモンXY発表きましたね!


こんにちわ!好きなポケモンはバリヤード。買蔵くんです。


いよいよ3DSにポケモンの最新作「X・Y」が発表されましたね!
総勢いくつのポケモンがでてくるのやら、今から楽しみです。
ちなみにブラック2・ホワイト2までのポケモン総数は現在649体となっております。


実は買蔵くんポケモンをやりはじめたのはだいぶ後の世代からでして、ダイヤモンド・パールで初めてポケモンをやりました。
世代的に一番盛り上がっていた今の20代中盤辺りの方々が味わったブームには完全に乗り遅れており、今更はじめるのもな・・と思いながらもとりあえずやってみたのがきっかけです。


まあ結果としてプラチナが出た時点で前の世代の者もほとんどやり尽くして、第四世代までの490匹をコンプしてまわりにドン引かれたんですけど・・。
まあ当時もう買蔵くん24歳でしたしね・・。大人なのにね・・。


買蔵くんはポケモンのバトルにまったく興味を示さずひたすらずかんをコンプすることに命をかけるタイプです。
どのくらいバトルに興味が無いかというとルビーの戦闘はアチャモのみでクリアしたくらいです。(残りはひでんわざ要員のみ参戦)なにしてんだ買蔵くん。


いやーチャンピオン超つよかったよ。せめて進化させろよアチャモ
ちなみにワカシャモとバシャーモはメタモンで増やした子を別で育てました。なにそのこだわり。


ソウルシルバーなどが出ていなかった頃は「え?ライコウとかってポケモンコロシアムとゲームキューブとGBAケーブル買わないと手に入らないの?じゃあ全部買ってくわ」という大人ならではの金の力で解決しまくったひどいプレイで親戚の子供を怒らせたりしていました。ふははは。大人買いって言葉はな。大人げない買い物って意味なんだぜ。


結果としてアンノーンをABC順に全部並べたり、デオキシス三体並べてうっとりするなどひたすらオレ図鑑完成に力を注いだ買蔵くんなのです。


さて、そんな今日はこんな企画

ポケモンゲーム特集~

商品ページはこちら


色々でております派生系ポケモンゲーム。2本のオススメをご紹介したいと思います。


その1
64ソフト「ポケモンスナップ」
ポケモンの写真を撮るというコンセプトですが、「いい写真を取る」ことを目的としたソフトの中では未だにネオジオポケットの「水木しげるの妖怪写真館」とならんでダントツの面白さです!(「アフリカ」とかあるだろ買蔵くん)
当時はとった写真をローソンでシールにしてもらえるサービスも画期的でしたね。
新しいポケモンもいれてジャイロカメラをつかった3DS用の2を出してくれないかと今でも期待しています!あれ?買蔵くんだけですか?!


その2
DSソフト「ポケモンタイピング
「DSにBluetoothの接続機能なんて付いていないのになぜ無線キーボードが接続できるんだ?!ああ!ソフト側にBluetoothを内蔵したからか!なるほど!」
という情報系しか意味が分からない理由で買ってしまった一本。
タイピングソフトとして非常に優れていることはもとより、キーボードの出来がとてもいい!子供のタイピング練習ソフトとしてマストアイテムにしてもよいくらいの完成度です。侮ってはいけません!超面白いですよ。


他にも色々でているポケモンゲーム、「私はこれが好きだった!」という思い入れの強いポケモンゲーはみなさんそれぞれあるのではないでしょうか。
今は手元にない思い出の一本を再び手に入れてみるのもいいかもしれませんね。


買蔵くんでした!

【買蔵くん今日の一本】ボボボボボボォーナス!!


こんにちわ!買蔵くんです。


年末年始ムードもすっかり終わって学校や会社が始まった人たちも多いのではないでしょうか。
気分を新たに2013年デビューを図りたいものですね。


先日電車に乗っていた際に、ラフなオサレスタイル+散らかし系ヘアスタイルに
MONSTERのヘッドフォンをつけipodを聞きながらゲーテの詩集をこれ見よがしに広げている大学生らしき方がいらっしゃいました。

新年早々オシャレにキメたいのだな、と一瞬チラ見したところ

ipodの画面が「アマガミ」だったので彼には残念賞を与えておきたいと思います。


さて、去年は買蔵くんデビューとして10万円する「ダライアスα」をご紹介しましたが、今回はこちらのプレミアソフトをご紹介します。


ブレイジングスター!


夢工房作のシューティングの名作として受け継がれるべき一本。
シューティングゲームは元々売れる数がそんなに多くないのと、ファンが手放さないこともあり全体的にプレミアがつきやすい傾向にあります。
こういった往年の名作に高いプレミアがつく事は多々ありますが、こちらのブレイジングスターはその中でも入手困難な一本。

そもそもハードがNEOGEOですし、ハードを持っている人そのものの分母が少なかったというのもプレミア化の原因でしょう。

同人ではおなじみの東方シリーズなどにもパロディネタがいくつか入っていたりと、後世に与えた影響も大きいのです。


気になるお値段ですが、箱、説明書付き完品のため

17万8千円です。

ぎゃー!たかい!

ちなみにゲームが遊びたければWiiのバーチャルコンソールで900円で買えます。えー!なのにソフトはその値段?!そう、それがプレミアゲーム道というものなのです。
スマホのアプリなどでも最近は配信されているようですね。

たまーにこういうレア物も入荷しますので、ちょこちょこ紹介させてもらいますよ!

ちょっと欲しくなっちゃった君はこちらをクリック!


買蔵くんでした!

【買蔵くん今日の一品】新年あけましておめでとうございます!


新年あけましておめでとうございます!買蔵くんです。


今年も商売繁盛と健康を祈願いたしまして初詣に行きました!

その帰りにうんこふみました。。。
いやー新年早々運が付きましたねってやかましいわ。

さて新年早々一発目の紹介はこちらの商品
プロジェクトクロスゾーン!

商品ページはこちら


昨年度発売された中では飛び抜けて微妙な評価に落ち着いてしまったこちらの一品ですが、こちらのソフトの魅力とは何だったのか?を考察してみましょう。


まずはこちらのソフトを作成したモノリスソフトのクロスオーバーものといえば2005年に発売された「ナムコ×カプコン(以下ナムカプ)」がありますが、今回はそちらの正統進化系といってよい一本でしょう。


様々な作品からの人気キャラクターが集結して繰り広げるアクション要素を入れたシミュレーションRPG!というコンセプトは「ナムカプ」そのままにセガを参戦させボリュームをアップ。
同じモノリスソフトとバンプレストのコラボで産まれた「無限のフロンティア」シリーズのキャラクターなども内包したお祭り的作品です。
この流れから「ナムカプ」との比較をしながら今作品の魅力に迫りましょう。


まず「ナムカプ」では参戦作品もシナリオもとにかくマニアックでした!
たとえば「バイオハザード」シリーズからの登場がガンサバイバー4」のブルース・マッギャヴァンと鳳鈴だけだった(わかる?)のに対して
今作ではクリスとジル!きちんとした正統派主人公で安心です。
ナムコ側で言うと「パラデューク」のトビ・マスヨと「ディグダグ」のホリ・タイゾウが結婚して産まれた子供が「ミスタードリラー」のホリ・ススムであることは知っていて当然という作りだった遠慮のないナムカプも、今作では「テイルズオブヴェスペリア」のユーリ達や「ゴッドイーター」のソーマ達など若い子にもわかりやすい作りで安心です!


良くも悪くもマニアック過ぎたナムカプにくらべこれは大きな進化です!
今回登場する「ダイナマイト刑事」のブルーノとか「ゾンビリベンジ」の毒島なんてマニアックだなぁなんて思われる人もいるでしょうが

「源平討魔伝」の弁慶とか「ロストワールド」の名無しの超戦士1P
とかに比べれば全然マシです!


続いて戦闘シーン!
ナムカプでの最大の問題点は敵のターンが凄まじく長かったことと、ロード時間の長さでした。
アクション要素を取り入れたことで楽しい戦闘ではあったもののこれらの要素がテンポを著しく崩していたことが難点でしたが、

今作では敵ターンのアニメーションをほぼ全面カットしたことと、ロムカートリッジ特有のロードの無さ非常に快適になりました!これは大きな進化です。


そしてシナリオ!
こちらに関してはかなり淡白な仕上がりになりました。ナムカプはやりすぎたんでしょうかマニアネタも控えめです。

どのくらいやりすぎていたかというと各話につけられたサブタイトルが「悪魔に魅せられし者」「魔宮の勇者たち」「魔界の滅亡」と、ゲームブック版ドルアーガの塔のサブタイトルと一緒だね!とか分かるわけねえ級のネタが満載だったのに対し全体的に淡々としたシナリオです。

まあお祭りゲームなんでシナリオなんて結構どうでもいいのかもしれませんが、期待されていた人はわりと肩透かしをくらった感はあるようですね。


総評すると「敷居はかなり下がり、一般的なゲームファンを広く受け入れられる良作」へと進化したことは間違いありません!そのかわり「超コアゲーマーをうならせるマニアネタの応酬」は薄まった感があります。これは多くソフトを売ろうという姿勢から考えれば当然な考え方ですが、物足りなさを感じる方もいらっしゃることでしょう。

しかしながらアクションシーンのドット絵の書き込みなどは素晴らしいです!キャラ愛に満ちており、小ネタも満載。メンバーが中盤までに出揃ってしまうため後半は1ステージあたりが長くなってしまうのも難点ですがそれでも十分キャラゲーとしてはオススメできます。

キャラゲーとはスタッフの愛の大きさに比率して楽しいものですから、ゲームファンは是非ともやっていただきたい一本です


商品ページはこちら


買蔵くんでした!

【買蔵くんのつぶやき】2012年のベストを振り返れ!


こんにちわ!買蔵くんです。

いよいよ年の瀬なので、今日は商品紹介ではなく、
「買蔵くんが選ぶ!2012年はこれがアツかったゲーム12選!」
を発表したいと思います!


はじめに大きな声で行っておきます!
売上、カメレオンクラブ的なおすすめ、その他大人の事情は一切挟まず買蔵くんが個人的趣味で勝手にチョイスした12本です!発売日以外はなんのデータも参考にしておりません!ある意味全くアテになりません!

では早速参りましょう

1月!
3DS用ソフト「ランナバウト3D ドライブインポッシブル」!

公道をバカスカぶっ壊しながら目的地までとにかく辿りつけ!をルールとした元祖ドラビングバカゲーランナバウト!まさか3Dで復活するなんて思わなかったZE☆
ボリュームの少なさに若干不満ですがそれでも正統派バカゲーとしておすすめ!

2月!
PS3「アスラズラース」!!

サイバーアアァァァコネクトツゥウゥゥゥ!アーーーンド!カァァァプコォォォヲヲヲヲン!と絶叫出来る一本!
連打とQTE以外ほぼやることがなかったり、ゲームとしての粗さは目立ちますがとにかく終始テンションが無駄に高い!深夜に一人悪酔いしながらプレイするには最高の一本!無難に作った大作よりこういう実験作がビンビン来るんですよ!一般の評価なんてアテにしちゃだめです!

3月!
PS3オンライン配信専用!「風ノ旅ビト」!

実験的かつ超絶クオリティ!こういうゲームに出会いたいから30年もゲーマーやってるんだ!と声を大にして叫びたい一本!
初めてこれがオンラインゲームだと気がついた瞬間から震えが止まらなかった!ラストシーンの悲壮感からのカタルシスは今年ぶっちぎりナンバーワン!
ICOとか大好きな人は100%やるべき!

4月!
3DS!「コードオブプリンセス」!

まさかガーディアンヒーローズの流れをくむ新作がリメイクでなく遊べる日が本当に来るとは!
何がいいってメーカーのアガツマエンタテインメントさん、他に出してるゲームほぼアンパンマンですよ?!
そんな無難なメーカーがきちんと冒険してくれるということ日本のゲーム業界の未来をきちんと受け止めてくれているということ。これはゲーマーとして答えなくてはいけません!

5月!
特になし」!

ええ?!そんなのあり?!

だってドラゴンズドグマちょっと乗り遅れちゃって一番賑やかなとき逃しちゃったから・・・。

6月!
PS3&360!「ロリポップチェーンソー」!

バカキター!
チアガール!ゾンビ!チェーンソー!ロックンロール!ぼくらの大好きが詰まった(断言するのは良くないよ買蔵くん)一本!
「ゾンビをぶった切った時の血の色がピンク色で虹もでるからZ指定を回避」ってその基準やっぱりどうかしてるよ!(褒めてます)

7月!
3DS!「こびとづかん」!

ゲーム屋からしてみればとんだダークホース!
同じく同月発売の「逃走中」とあわせてもはや子供が欲しがる定番タイトルとなりました!
これを発売日に大量に仕入れたゲーム屋はかなりデキるゲーム屋だ!覚えておこう!

8月!
PSPorDS!「オール仮面ライダーライダージェネレーション2」!

100体超えの仮面ライダー!ライダーファンも嬉しいが、そのドット絵の書き込みにマジで感嘆!威吹鬼さんやゾルダが使えるのは嬉しいぞ!
子供向けゲームだから難易度は低いけど、あなどってはいけない一本だ!

9月!
PS3「スリーピングドッグス 香港秘密警察

トゥルークライムシリーズ最新作!大人の事情で名前がかわっちゃったけどプロモーションビデオがジャッキーこと石丸博也さんがやってて「わかってる」感満載!オープンワールド式ゲームで香港マフィアのアクションなんて「ストラングルホールド」以来だから嬉しいですね!

10月!
そろそろ大作ラッシュですよ3DS「ブレイブリーデフォルト」!

FF5じゃんこれ!と思えるほどSFC時代全盛の愛すべき一品!
ちまちま育てる楽しさは「レベル上げとかたのしーなー」というRPG特有の楽しさを感じさせてくれます!

11月!
3DS「とびだせどうぶつの森」!

ここまで作りこまれているのにそれを感じさせないゲームってそうは無いですよ!言わずと知れたド名作です!Wii版で感じた「前と一緒かも」感ゼロ!
友達と、家族とみんなでやるには一番の一本!買蔵くんもずっとやっております!

12月!
WiiU!「バットマンアーカムシティアーマードエディション」!

バットマンをよく知らなくてもぜひやってみて欲しいアクションゲームの大傑作!もちろんPS3・360版もおすすめ!骨太ダークストーリーと、バットマン悪役オールスターに萌える!やっぱりポイズンアイヴィーだよね!


うわー、一気に紹介したら疲れた!もうこんな企画考えるのやめよう。。(やる気あるのか買蔵くん)


みなさんの2012年お気に入りの一本は何でしたか?
来年も楽しいゲームがたくさん出てくることでしょう!
年明けから楽しいゲームはお近くのカメレオンクラブまで!


買蔵くんでした!!

紹介

カメレオンクラブの情報をご紹介!!こーんなセールや、あーんな企画まで!ご来店前のチェックにお役に立てればと思います!カメクラは皆様のご来店をお待ちしております。