(下書き)モデルガンについて学ぼう(発火式モデルガン編)

発火式モデルガンについて学ぼう

  • まずはじめに

    • (1)プロローグ
    •                                
  • モデルガン

    • (1)モデルガンの歴史
    • (2)火薬・カートリッジについて
    • (3)センターファイア/サイドファイア
    •                                
  • モデルガンの売買について

    • (1)モデルガンの種類について
    • (2)買取に必要な準備はあるの?
    • (3)よくある質問Q&A
  • まとめ

    • 最後に

1、まずはじめに

プロローグ

みなさんはモデルガンをご存知でしょうか。モデルガンといえばただ観賞目的のものや、動作を楽しめるカートリッジ式、そして映画や舞台などでも使用されている発火式のモデルガンがあります。ただ、このモデルガンは実弾はもちろんのことBB弾すら発射できません。そのためサバゲー好きにとっては興味の対象にならないのかも知れません。ですがモデルガンにはモデルガンの魅力があります。それは重量に質感、本物さながらのアクションに火薬の破裂音など・・・。こちらではそんなモデルガンの魅力について少しだけ紹介していきます。

2、発火式モデルガンとは

モデルガンはトイガンの一種で銃器の外観や機構を模しており、発射機能を持たないものをそう呼びます。またこのモデルガンは発火式、非発火式と大きく分類することができ、材質に至っては金属製のものからプラスチック製のものまであります。またモデルガンの種類も多岐に渡り、拳銃・小銃・短機関銃・散弾銃のほか、様々なメディアに登場した架空の銃といったものまで幅広いラインナップがあります。

(1)モデルガンの歴史

モデルガンは60年代に登場しました。初めは輸入されたキャップガンを改良して販売。当時のリアルを模した造形は大きな人気を集めていた。その後は国産のモデルガンが登場し、モーゼル軍用拳銃や、MGC製のワルサーVP-Ⅱが発売された。また製造はMGCの独占市場だったが、65年以降になると各メーカーが独自設計したモデルガンが販売されるようになりました。その後ブームは続くものの71年、77年の法規制があり、それまで主流だった金属製からプラ製へと転換していきました。
法規制の影響によりブームは下火でしたが、80年代に入ると発火性能の高いプラスチック製モデルガンや、安価な組み立て式の登場によって新しいブームを迎えることになりました。またメッキ加工の進歩や、金属粒子を含んだヘビーウェイト樹脂の登場によって質感のバリエーションが増えていきました。

46年規制(1971年)
金属製の拳銃型モデルガンの銃腔を金属で完全に閉塞しすること、グリップを除いた表面全体を白色、または黄色に着色することが義務付けられた。

52年規制(1977年)
金属製モデルガンに使用できる素材に制限ほか、銃身の基部にはインサートを鋳込むことを義務付けられたほか、開店弾倉の前部にもインサートの鋳込み、薬室の隔壁には切れ目を入れて、銃身が交換できないようフレームと一体鋳造にすることを義務付けられた。この新たな規制に適合した製品には、メーカー組合によってSMGマークが刻印されている。

(2)火薬・カートリッジについて

発火式モデルガンでは薬莢を模したカートリッジに火薬を装填します。これによりリアルな発砲音・火花・一連の動作が楽しめます。またこの発火式モデルガンには火薬の爆発力を応用してブローバック(*燃焼ガスの圧力で後退する薬莢の運動を利用した自動装填システム)するなど、よりリアルな動作を楽しめるモデルも多数販売されています。
次に発射をするための準備としては各メーカーの専用カートリッジと同じく専用のキャップ火薬の二つが必要になります。カートリッジは回転させることで開くことができ、その中にキャップを詰めて再びカートリッジを閉じれば準備完了です。このカートリッジには通常のシングルキャップのほか、迫力のある発火音やブローバックを楽しめるダブルキャップなどの種類があり、大まかにはオープンデトネーター式、閉鎖型カートリッジ、スーパーブローバック、ガスオペレーションに分類されています。

(3)センターファイア/サイドファイア

ここでは発火方式についてご説明いたします。発火式にはカートリッジの真ん中、雷管部を撃針で突く方式のセンターファイヤーと、カートリッジの縁を叩く方式のサイドファイヤーがあります。80年代以降の樹脂製モデルガンなどはセンターファイア方式であり、後者は悪用を防ぐために組合が採用していた発射方式になります。2つの見分け方のひとつを挙げると、スライド後部に突起しているピンがあればセンターファイア、無ければサイドファイアになります。

3、モデルガンの売買について

(1)モデルガンの種類について

ハンドガンタイプ(リボルバー)

ハンドガンタイプ

短機関銃タイプ

    

ショットガンタイプ

ライフルタイプ

自動小銃タイプ

    

金属製モデルガン

    

フリントロック式

    

組み立て式キットモデル

    

高級モデルガンシリーズ

    

タイアップモデル

    

モデルガン(発火式、カートリッジ式ほか)の市場価値について

モデルガンの中古市場を覗いてみても価値は様々ですが、発火式モデルですと【発火済み】か【未発火】かによって価値は変動します。またセンターファイア方式か、サイドファイア方式の違いによっても価値は変動します。市場では前者が人気。また発火済みに関しては使用後のクリーニングを怠ってしまうと、内部に錆などの症状が現れます。発火済みは価値が下がりやすいため定期的なメンテナンスをお勧めします。
非発火モデルは材質、メーカーによって金額は様々です。組み立て式などのほとんどは2万円以下で流通しています。また市場価値の高いものでは、六研エラン、ホビーフィックスなどがありモデルガンの機種にもよりますが、高いものだと金額は数十万円にもなります。

おすすめを見る
              

(2)買取に必要な準備はあるの?

素材・色・形状・刻印は大丈夫ですか? <*以下に該当するものは買い取れません>

①素材・・・銃腔に相当する部分を金属で完全に閉そくしていない、全体が白色または黄色でない金属製
②色 ・・・①と同様。全体が白色または黄色でない金属製のモデルガン(*長物は除く)
③形状・・・インサートがないもの、銃腔が塞がれていないもの
④刻印・・・SMG刻印がない金属モデルガン、SMG刻印がないモデルガンの分解したパーツ類も同様

カメレオンクラブ+スペースブキヤではお客様の大事なお品物を一点、一点、査定いたします。モデルガンを整理されたいときはお気軽にお問い合わせください。

(3)よくある質問Q&A

Q1:「SM」や「王冠マーク」の古いモデルガンは引き取りはできるの?

A:一部商品は銃刀法で譲渡禁止・所持禁止のものもあるため引き取りはできません

Q2:規制されているモデルガンを処分するにはどうすればいいのか?

A:地域の生活安全課や市役所などにご相談ください。

Q3:ABSとHWと金属製の見分けがつきません。

A:ABS素材はアクリル・スチレンなどのプラスチック素材のため、つるつるとした肌触りです。HW素材はABS素材に金属粉を混ぜたもので重いのが特徴です。金属製・は銃腔が完全に塞がれていて(インサートではない)、全体は白色又は黄色になります。

4、まとめ

最後に

いかがでしたでしょうか。簡単にでしたがモデルガンについて少しだけご紹介させていただきました。
過去を遡ればリアルを追及したゆえに犯罪の道具として使われ、そしてその対策としての規制が入りと、幾度と苦労を重ねてきたモデルガン。現在に至るまでの進化と過程、さらにはその存続に至るまで、すべては各メーカーの情熱と愛好家たちによって支えられてきたといっても過言ではないでしょう。モデルガンの紹介はこれで以上になりますが、これを機に少しでも興味を持っていただければ幸いです。
またカメレオンクラブ+スペースブキヤでは販売はもちろんのこと、お客様の大事なモデルガンをお買取りしております。是非ともお問い合わせください。

  • SpaceBukiya

RELATED POST

関連記事