(下書き)光学機器(タクティカルライト)について学ぼう

光学機器(タクティカルライト)について学ぼう(実物編)

  • まずはじめに

    • (1)プロローグ
    •                                
  • 光学機器(タクティカルライト)

    • (1)タクティカルライトの歴史
    • (2)ライトの種類
    • (3)ルーメンって?
    •                                
  • タクティカルライトの売買について

    • (1)●●●●について
    • (2)買取に必要な準備はあるの?
    • (3)実物品の偽物には注意
  • まとめ

    • 最後に

1、まずはじめに

プロローグ

 どれだけ精密射撃に優れた銃であれ、人であれ、暗闇の中では数メートル先の的に当てることは無理でしょう。今回ご紹介するタクティカルライトはそんな条件下でも可能にしてしまうアイテムのひとつです。日中の野外で活動するサバゲーフィールドにはあまり関心のない装備品かもしれませんが、警警官はハンディタイプを常備し、視界の悪い夜にはこれを使用して対処しています。兵隊などは銃に直接取り付けることで暗闇での任務遂行を可能にしていたりと、大活躍している必需品です。たかがライトと侮ってはいる人に少しでも興味を持っていただけるよう、光学機器シリーズの中のひとつ(タクティカルライト)について解説していきます。

2、光学機器(タクティカルライト)とは

夜間、または視界の悪い天候や建物内で使用される照明で、おもに軍事目的として使用されているため一般のフラッシュライト(懐中電灯)とは違って点灯の切り替えなどといった操作などバリエーションがあります。●●●●●●●● etc…

(1)タクティカルライトの歴史

1900年代に米国ではフラッシュライト(懐中電灯)のような電球を銃に取り付ける試作がおこなわれてきました。ですが銃器の反動に耐えられず、電球が割れるなどの失敗を繰り返してきました。それから後、改良と試作がおこなわれて反動に耐性のあるライトの開発に至ります。これらはウェポンライトと呼ばれ、両手を塞ぐショットガンやライフルなど使用されるようになりました。また電球に関しては一般にキセノン電球が使用されていましたが、2000年代には技術の発達によってLED電球が増えました。LED電球は反動によるフィラメントの破損を受けないことや、近年の進歩によってより明るく、より燃費の高いタクティカルライトが誕生しています。

(2)ライトの種類

先でも軽く触れていましたが、タクティカルライトは大きく分けると【ハンディタイプ】と【ウェポンタイプ】があります。まず初めにハンディタイプでは片手持ちで使用するほか、専用のマウントなどを使用することで銃本体に取り付けることが可能です。一方のウェポンタイプは初めから銃に装着することを目的としているため、手に持つ必要はないといった利点があります。

(3)ルーメンって?

ルーメン(lm)とは、LEDの明るさを表す単位のことです。馴染みの深いワット(*消費電力を示す単位)は白熱電球などです。電球の違いや構造などについては説明が長くなるため、ここでは割愛させていただきます。この章ではパッケージや商品説明などで目にする、ルーメン(lm)の効果について解説します。

*普通に使われている物では100lmぐらいです。下図は家庭用電球の比較です。

E17口金 E26口金 W相当 ここの図は適当です。
  • 760lm以上
  • 810lm以上
  • 60W型
  • ルーメン以外の紹介があればお願いします。
  • 600lm以上
  • 640lm以上
  • 50W型
  • 440lm以上
  • 485lm以上
  • 40W型
  • 325lm以上
  • 30W型
  • 230lm以上
  • 25W型
  • 170lm以上
  • 20W型
  • *点灯パターンにもいくつか種類があります。

    *出典: https://www.amazon.co.jp

    3、光学機器(タクティカルライト)の売買について

    (1)タクティカルライトの種類について

    ウェポンライトタイプ

    小型~中型サイズ・レールなどに装着(互換性あり)

    ハンディライトタイプ

    小型サイズ 別途マウント使用で銃に装着可能

    ハンディライトタイプ

    大型サイズ 1000lm~25000lmの超強力タイプ

    光学機器(タクティカルライト)(●●万-●●万円程度)

    東京マルイ、Ledeak、オーライト 、Wsiiroon、フェニックス、SUREFIREなど、各種メーカーから多数のタクティカルライトが市場に出回っています。販売価格としては安いもので2,000円台から、高いものだと10,000~20,000円ぐらいです。この価格の差については材質、明るさ、点灯の切り替え、電池式か、充電式か、互換性などの違いによって変わります。また実物品のタクティカルライトになると凡そ20,000円~100,000円のものが市場に出回っています。但し、高額なウェポンライトに関しては交換用ハンドガードも付属しているため価格が高めになっています。

    おすすめを見る
                  

    (2)買取に必要な準備はあるの?

    使用した後は、かならず電池・バッテリーは外しましょう。
    電池を入れたまま長期の保管をした際、保管場所や室温の影響によって電池の液漏れ現象が起きることがございます。弊社では液漏れの影響で電源が点かないものはお買取りができません。またレンズに割れやヒビがあった場合はお買取りができないこともあるほか、●●●●●●●●●●(*違法になるものとか)は違法にあたるため売買ができませんのでご注意ください。カメレオンクラブ+スペースブキヤではお客様の大事なお品物を一点、一点、査定いたします。光学機器(タクティカルライト)を整理されたいときはお気軽にお問い合わせください。

    (3)実物品の偽物には注意

    レプリカ品とは趣旨が違い、詐欺まがいの粗悪品が実物品として出回っていることがあります。パッケージの印字違い、各パーツの材質違いなど。外見だけでの見分け方も難しく。当然、実物品と偽物では価値が大きく違ってきます。実物品と謳っているのに安価だったりする場合は要注意です。

    4、まとめ

    最後に

    いかがでしたでしょうか。簡単にでしたが今回は光学機器の中のひとつ、タクティカルライトについてご紹介させていただきました。ハンディタイプは生活用品はもちろんのこと災害時などにも役立つことでしょう。少しでも興味を持っていただければ幸いです。カメレオンクラブ+スペースブキヤでは販売はもちろんのこと、お客様の大事な光学機器(スコープ)をお買取りしております。興味があれば是非ともお問い合わせください。

    • SpaceBukiya

    RELATED POST

    関連記事